参加申込はハローワーク札幌まで!


バックナンバー 2022年12月号 2023年2月号

“介護予防センターだより”「vol.5」を創刊しました。vol.1 vol.2 vol.3 vol.4

西野神社の御神輿に当施設と職員も参加しました。
令和4年(2022年)9月17日と18日の2日間、西野神社で秋祭りが開催されました。大勢の人が集まる秋祭りは令和元年以来、3年ぶりの開催となり、一部の行事は引き続き中止となったものの、露店やコンサート、泣き相撲などに多くの地域住民が集まり、久しぶりの賑わいを楽しんでいました。御神輿(おみこし)については、感染症拡大防止のため、車に積んでの移動と、各拠点における担ぎ手さんたちによる「練り」(ねり歩き)を繰り返しながらの地域巡回となりましたが、雨に負けない威勢のいい掛け声とともに、お祭りの活気が広く届けられていました。厳しい自然環境の中で、力を合わせて暮らす人々の絆を深めてきた秋祭り。時代は変わりましたが、町内会役員はじめ多くの地域の皆様に支えられて、人と人、人と地域を結びつける場として大切に受け継がれています。(西野まちづくりセンターホームページより抜粋

令和4年度ご利用満足度アンケート

【実施方法】
・対象:令和4年9月1日~30日の間に当法人のサービスを利用し、今後も利用を継続する予定のご利用者様・ご家族様
・期間:令和4年11月7日~12月16日
・方法:郵送または手渡しにより用紙を配布、無記名にて回答後、返信用封筒にて返送


五天山園の内部をストリートビューでご案内いたします。

お知らせ
法人職員の意識の向上と地域を含めた連携の強化

地域に根ざした社会福祉施設の役割を職員全員で自覚し、個々が充実した業務が出来るよう定期的な個人面接を実施し、職場の活性化に努めます。また、地域や各部署との連携や絆を深めサービスの向上に努めます。

リスクマネジメントの認識

施設内外におけるハード・ソフト面でのリスクを個人レベ ルで認識できるよう、情報収集・検証・対策を含め職員全員で周知できるような体制の強化に努めます。

ローコストオペレーション

業務の見直し、物品関係の実績を毎月、評価・検証を各委員会等のレベルで行い、限りある社会資源を有効・効率的に活用し、無理・無駄を省き職員一人ひとりがコスト意識を持ち、安定した経営に努めます。

顧客満足の向上

職員全員が常に「利用者本位と個人の尊厳を尊重したサー ビス」を心がけ、安心・信頼できるサービスを提供・継続します。

平成29年、西平和会が天皇陛下より御下賜金を賜りました。12月23日の天皇誕 生日に際し、社会福祉事業御奨励のため、優良な民間社会福祉事業施設・団体 に対し、金員が御下賜されるものです。